外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

外壁と屋根の塗装は同時に行う方がメリット

363 views

外壁と屋根の塗装は同時に行う方がお得です。

外壁も屋根も同時に塗装すると、その分費用がかさみそうに思われますが、足場の設置が一度で済むため足場代が節約できます。

外壁でも屋根でも塗装工事には必ず足場を設置しますが、その設置のための費用も必ず発生します。

外壁と屋根の塗装を別々に行う場合、その都度高額な足場代がかかります。

どちらの塗装も同時にやってしまう方が費用を抑えられることがおわかりでしょう。

また、どちらか片方だけを塗装した場合、片方はきれいなのに、塗装していないもう片方が見劣りしてしまうという問題が発生します。

そういうことのないように、住宅の見栄えのためにも、外壁と屋根は同時に塗装した方が良いのです。

外壁と屋根の同時塗装の注意点

外壁と屋根は同時に塗装した方が良いことがわかりましたが、工事の内容には若干の違いがあります。

というのも、外壁と屋根では使用する塗料が異なるからです。

外壁に比べて、住宅の屋根は太陽光線や雨を直接浴びるため、外壁よりも腐食の進行が早いです。

そのため、屋根には外壁よりも強い塗料が必要です。

実際、触ってみるとよくわかりますが、例えば外壁にはサイディングというスベスベした素材が使用されている一方で、屋根にはトタン、瓦、コロニアルなどのザラザラした素材が使用されています。

このような材質の違いに合わせて、最適な塗料で塗装工事を行うのが基本です。

外壁と屋根では塗料の種類が違うわけですから、どちらも同時に塗っていくことはできません。

そのため、効率良く作業が進められるよう、工事業者は無駄なく作業が進められるように塗装の工程を考えます。

たとえば、二階建ての住宅で一階と二階の中間に下屋根がある場合、最初に二階の屋根を塗って、次に二階部分の外壁を塗装し、その次に下屋根、最後が一階部分の外壁というように、上から下に向かって作業を進めていきます。

塗料が重力に従ってどうしても下に流れてしまうからです。

下から上に向かって塗ると、後から塗った上の部分の塗料が塗り終わった下の部分に流れてしまい、仕上がりが汚くなってしまいます。

その点、上から下に向かって塗る場合、上の塗料が住宅の下の部分に付いても、その先の行程できっちりきれいに仕上げられるのです。

このように、外壁と屋根は同時に塗装した方がメリットがあります。

あらき建装では、外壁と屋根の材質の違いに合わせて最適な塗料を選びお客様にご提案致し、無駄のないように効率的な工程に従って作業を進めていきます。

国立市の方で、外壁塗装や屋根塗装をお考えなら、あらき建装までお問い合わせ下さい!

 

無料診断実施中!
外壁屋根の塗り替え、防水工事なら、国立市のあらき建装までお問い合わせ下さい!

042-505-4779

メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)