外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

塗料の形成する塗膜によって家を守る外壁塗装

247 views

外壁塗装において重要なポイントである塗膜についてお伝えします。

外壁を守る重要な役割のある塗膜について知ることで、良い施工業者を選ぶ際の参考にもなるでしょう。

塗膜とは

塗料を塗ってそれが乾燥すると膜ができます。

この塗料の膜が、文字通り塗膜です。

直射日光や雨、雪などにより、家の外壁は時間が経つほどに劣化します。

劣化した外壁は雨水の侵入を食い止めることができなくなり、侵入した水分によって建物の内部から劣化が進むのです。

そういうことのないように、外壁に新しい塗膜を作って外部からのダメージを防ぐのが外壁塗装です。

塗料は樹脂や顔料、溶剤、水などからなりますが、これを外壁に塗って乾燥させると塗膜が形成されます。

こうして形成された塗膜により外壁が保護されるため、外壁塗装は建物自体の寿命を伸ばすのにも役立つのです。

塗膜がないとセメントが劣化する

多くのモルタル外壁にはセメントが使われていますが、セメントには水分を吸収する成分があることをご存じでしょうか。

セメント剥き出しでは、雨や雪などの水分を吸収してしまいます。

気温の変化により、吸収された水分はセメント内部で伸縮や膨張を起こして、セメントに亀裂を生じさせる原因となってしまうのです。

雨や雪などの自然現象を完全に防ぐことは不可能ですから、建物を長持ちさせるには、外壁塗装によって雨や雪から外壁を保護するための塗膜を形成することが大切なのです。

塗膜をうまく形成するには正しい工程で塗装する必要がある

見た目だけでなく、家の耐久性においても外壁塗装が重要なことがわかりました。

しかし、建物をしっかり保護する塗膜を形成するように塗装するには、塗料の量や塗装の順番など正しい方法に従って施工しなければなりません。

塗料の劣化によって起こる現象の一つにチョーキングがあります。

これは、塗料に含有される樹脂が、紫外線や雨などの影響を受けて劣化して起こる現象です。

樹脂が劣化すると、塗料に含まれる顔料が剥き出しになり、チョークのような白い粉を吹き出します。

正しい方法で塗装を行えばチョーキングは起こりませんが、どこかで手を抜くとこのような不具合が生じるのです。

あらき建装ではこのような不具合を生じさせないよう、正しい塗料の量と適切な工程で施工します。

国立市の方で、外壁塗装や屋根塗装をお考えなら、あらき建装までお問い合わせ下さい!

 

無料診断実施中!
外壁屋根の塗り替え、防水工事なら、国立市のあらき建装までお問い合わせ下さい!

042-505-4779

メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)