外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

塗料の色は何色が人気?

289 views

周囲との調和を考えよう

塗料には、たくさんの色がラインナップされています。

そのため、基本的にはどんな色でも希望すれば作ってもらうことができるでしょう。

屋内塗装なら、自分が気に入った色を選べばよいですし、色が後からトラブルの原因になってしまう心配はありません。

しかし住宅の外壁塗装などでは、自分が気に入ったという理由だけで塗料の色を決めることは難しいかもしれません。

住宅街には、全体的な調和やバランスがあります。

そのため、外壁の塗料を選ぶ際には、周辺の住宅とのバランスを考えた色選びをするのが安心です。

近隣の住宅がベージュ系の外壁なのに、自分の家だけ深紅の外壁だったりすると、悪目立ちしてしまいますし、その色が原因でトラブルになってしまう可能性も考えられます。

色選びでは、周囲に溶け込み馴染みやすい色を選ぶのがおすすめです。

汚れが目立ちやすい場所ならベージュやグレー

真っ白な壁は、太陽の光が当たると光り輝いてとても魅力的です。

しかし、ホコリや排気ガスなどで汚れが目立ちやすいというデメリットがあります。

もしも幹線道路に面している壁を塗装するなら、排気ガスによる汚れが目立ちにくいグレー系やベージュ系の色を選ぶと良いでしょう。

グレー系やベージュ系は住宅の外壁塗装によく使われる人気カラーで、たくさんのトーンがラインナップされています。

濃い色にするのか淡い色にするのかによって、住宅の雰囲気がガラリと変わるので、希望に近いトーンや色合いを選びたいものです。

濃い色VS淡い色

住宅の外壁には、濃い色を使うのがベターなのか、それとも淡い色の方が良いのか、迷ってしまう人は少なくありません。

黒や紺色、黒に近いグレーなどは、住宅全体をモダンな雰囲気に見せてくれるというメリットはあるものの、太陽の熱を吸収しやすいため、室内の温度が高くなりやすいというデメリットが懸念されます。

もしも濃い色を外壁塗装に選ぶなら、断熱効果が高い塗料を選ぶなど工夫することをおすすめします。

一方、淡い色は、太陽の熱を吸収しにくいため、エコという点では優秀です。

特に暑い季節には、濃い色の外壁と比べると室内の温度を低く抑えることができるので、エアコン代の節約にもつながるでしょう。

濃い色と比べて耐久性の面では若干落ちてしまいますし、汚れが目立ちやすいというデメリットがあります。どこまで薄い色にするのかを考えながら、光触媒作用がある塗料を使うなど、オプション面で工夫するのが得策です。

無料診断実施中!
外壁屋根の塗り替え、防水工事なら、国立市のあらき建装までお問い合わせ下さい!

042-505-4779

メールフォームはこちら