外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

外壁塗装工事に欠かせない足場の重要性とその役割

396 views

外壁塗装の費用の内訳を見ると、足場代が多くの割合を占めていることに気づくでしょう。

外壁塗装において重要なのは塗料とそれを扱う職人の腕ですが、実は足場の存在も非常に重要なのです。

外壁塗装における足場の重要性

外壁塗装は高所での作業が中心になります。

一階の低い場所ならともかく、二階の外壁を塗装するには足場が欠かせません。

素人考えでははしごを使えば塗装できそうに思うこともありますが、繊細な作業を伴う外壁塗装ははしごのような不安定な足場では難しいのです。

もちろん安全性の面でも足場は重要です。

当然ながら塗装作業はローラーと塗料の缶が必要ですから、作業中の職人は両手がふさがっています。

両手がふさがったまま高所で作業するのは、しっかりした足場がないと危険なことはおわかりいただけるでしょう。

そのため、外壁塗装工事では頑丈な足場を組みます。

安定した足場があると作業の効率も捗りますし、万一足を滑らせた場合でも地面まで直接落下してしまうことが防げるため、ケガの予防にもなるのです。

水や塗料の飛散防止にもなる

足場は安全性や作業の質だけでなく、近隣の住宅への配慮の意味でも重要です。

外壁塗装工事では、まずは外壁の汚れを高圧洗浄によって取り除くところから始まります。

非常に水圧の高い水を吹き付けるため、足場がないと跳ね返った水が近隣の住宅まで飛び散ってしまうことがあります。

また、塗装作業を始めてからも塗料の飛散防止の役割を足場が果たしてくれます。

作業の性質上、どんなに注意しても外壁塗装では多少の塗料の飛散は伴うものです。

そこで、塗装を始める前に足場を組んで、それをシートで覆うことで塗料の飛散を最小限に止めます。

ちなみに、足場を覆うシートはブルーシートではなく、通気性の良いメッシュシートです。

ブルーシートで覆ってしまうと、強風が吹いた時に足場が倒壊してしまう恐れがあります。

そういうことのないように、足場を覆うのは必ずメッシュシートなのです。

足場代は必要な費用

このように、外壁塗装には足場が欠かせません。

外壁塗装の見積もりを取ると、足場代として一定の費用は必ず含まれています。

もし、「足場代を無料にするからすぐに契約してくれ」というような業者に出会ったら、それは悪徳業者と考えて間違いありません。

足場の設置と解体にはそれぞれ半日~1日はかかりますし、運搬にもコストがかかります。

それに加えて人件費もかかるわけですから、足場代を無料にしては業者にとっては赤字になってしまうのです。

もし足場代が無料の業者があったら、それ以外の工程で必要以上に料金を上乗せしていると考えてよいでしょう。

無料診断実施中!
外壁屋根の塗り替え、防水工事なら、国立市のあらき建装までお問い合わせ下さい!

042-505-4779

メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)