外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

塗料の塗り替えだけではない!外壁塗装のさまざまな目的

290 views

外壁塗装には、塗料の塗り替え以外にも以下に紹介するような目的があります。

コーティングの再生

外壁塗装の目標として最初に挙げられるのが、外壁表面を保護するコーティングの再生です。

新築の家であっても塗装は10年前後で劣化が進みます。

見た目にはそれほど変わっていないように見えても、塗料の寿命はもう尽きかけていると考えてください。

寿命の尽きた塗料には、太陽光線や雨水から家を守るコーティングの機能が失われているため、そのままにしていると剥がれや割れなどの損傷が出てきます。

これを防ぐのが外壁塗装の第一の目的です。

美観の再生

損なわれた美観を塗装によってきれいに再生するというのも、外壁塗装の目的に挙げられます。

年数が経過すると、日光の当たる西側や南側の外壁には塗料の変色や退色が表れ始めますし、北側には藻や苔が付いてくるものです。

また、窓枠から下に向かっては、雨すじの汚れが目立ってきます。

このように、時間が経つほどに外壁には汚れが目立つようになるため、美観を再生する目的でも外壁塗装は行われます。

気分転換

純粋に楽しいから、気分転換になるから、というのも外壁塗装の目的に挙げられます。

外壁塗装では、新築当時の色に戻すこともまったく違う色に変えることも可能です。

白い外壁を真っ黒に塗り変えたり、それをまた白に戻したりすることもできます。

最近では、1色だった外壁をツートンカラーに塗り分けてほしいというリクエストも多いです。

家のイメージをガラッと変えたい時におすすめです。

塗料の機能で家に付加価値を与える

最近の塗料には断熱効果や遮熱効果を持つものもあるため、そういう付加価値のある塗料を使って塗り直すことで、住宅により住みやすい機能を与えることができます。

今ではさまざまな機能を持つ塗料が開発されており、たとえば、雪国では屋根に塗ることで雪が滑りやすくなる機能を持つ塗料もよく使われています。

不具合の早期発見

最後になりますが、外壁塗装の本当の目的は、家の不具合を早期に発見することです。

外壁塗装では、実際の施工に入る前に足場を組み立てて、屋根や外壁の至るところをくまなく点検します。

こうすることによって、住んでいる人が気がつくことのできない不具合や損傷を発見することができるのです。

不具合が見つかった箇所は、塗装を行う前に補修する必要があります。

補修工事が伴うとなると、塗装費用に加えて追加の費用が発生することがありますが、住んでいるだけでは気づけない不具合をいち早く見つけて、手遅れになる前に処置できるため、ここは軽視できないポイントです。

無料診断実施中!
外壁屋根の塗り替え、防水工事なら、国立市のあらき建装までお問い合わせ下さい!

042-505-4779

メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)