外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

外壁をリフォームするなら塗装がオススメ!その役割とは?

236 views

外壁塗装とは?

住宅のリフォームにはいろいろな種類がありますが、その中でも見た目を大きく改善できるものに外壁塗装があります。

住宅の外壁は、毎日風雨にさらされているため、汚れやすくて劣化しやすいものです。ヒビがはいってしまったり塗装が剥がれたりすると、その隙間から雨が入り込んで内部が腐食してしまう事態にもなりかねません。

また、外壁には、擦ると白い粉が出るチョーキングという現象が起こったり、汚れが付着して外壁が汚く見えてしまったりすることもあります。

外壁塗装を定期的に行うことによって、こうした外壁のトラブルを未然に防止することができますし、住宅を長く良い状態で維持することにもつながります。

こんなサインが出たら塗装が必要です

外壁の塗装は、住宅の定期的なメンテナンスとして行う必要があります。

どのぐらいの頻度で行えばよいのかという点については、塗装剤の種類によって異なりますが、近年では10年以上長持ちする塗装剤がたくさんラインナップされているため、塗装剤を賢く選ぶことによってメンテナンスの頻度を抑えることができます。

外壁塗装は、壁がどのぐらいダメージを受けやすい立地条件にあるかによっても、必要となるメンテナンスの頻度が変わります。

壁の状態を観察してみて、ヘアラックと呼ばれる塗膜に細いヒビが入った状態だったり、下地部分にひびが入ってしまうクラックという状態、また、目地や接合部にヒビが入っていたりしたら、そろそろリフォームとして外壁塗装を検討することをおすすめします。

塗装剤はどんな風に選べばよい?

外壁塗装においては、どんな素材の外壁化によって、適用できる塗装剤が異なります。

住宅の外壁として使用されている一般的なモルタルの場合には、ヒビが入りやすいため、シリコン樹脂塗料やフッ素樹脂塗料、ウレタン樹脂塗料、アクリル樹脂塗料が使われます。

ヒビ対策として、弾性のある塗料が使われているアクリル樹脂塗料もあるため、壁の状態をチェックした上で専門家がどんな塗料を使うのが最適かを決めてもらうと良いでしょう。

一般的には塗料が必要ないと言われているサイディングの外壁でも、サイディング材の表面は塗膜で守られているため、定期的にメンテナンスが必要となります。

サイディング材でもヒビが入ったり錆びたりするトラブルが起こりやすいため、モルタル材と同じように定期的に外壁塗装でリフォームしてあげたいものです。

サイディング自体は30年ぐらいの耐久年数がありますが、目地や継ぎ目に使われているコーキングの耐久性はもっと短いため、コーキングの修繕作業なども必要となります。

無料診断実施中!
外壁屋根の塗り替え、防水工事なら、国立市のあらき建装までお問い合わせ下さい!

042-505-4779

メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)