外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

長持ち・防カビ・雨漏り防止などさまざまな機能を持つ塗料

317 views

 

最近では、さまざまな機能を持つ塗料が開発されています。

外壁塗装のことは一般の方によくわからないため、すべてを業者に任せてしまいたくなってしまいますが、ご自宅にどんな塗料が適しているのかを一度考えてみるとよいでしょう。

耐用年数の長い高耐候方塗料

塗料の種類によって耐用年数が違います。

最近人気なのが、通常の塗料より耐用年数の長い高耐候型塗料です。

一般的に外壁は10年前後で塗り替えるのが良いとされています。

しかし、外壁塗装にはお金がかかるため、何十年も住むとなると、10年に1回の塗り替えによる出費は大きいのではないでしょうか。

塗り替える回数が多くなるほど当然コストがかかるため、節約したいのであれば、通常の塗料より多少高価でも長持ちする高耐候型塗料をおすすめします。

高耐候型塗料とは、無機ハイブリッド、無機配合型フッ素、ピュアアクリルといった樹脂を使ったもので、耐用年数が15年から20年と長いのが特徴です。

もっと安価な塗料もありますが、10年に1回の塗り直しと20年に1回の塗り直しを比べれば後者の方が断然節約になるでしょう。

転居の予定がないならば、高耐候型塗料がおすすめです。

カビや藻の発生を防ぐ防カビ塗料

池や川など水の近くの家の場合、こまめに掃除していても、どうしてもカビや藻が発生しやすいものです。

また、水辺でなくても湿気の多いところではカビや藻が発生しやすくなります。

それを防ぐのにおすすめなのが防カビ塗料です。

カビや藻の発生をある程度防ぐ効果があるため、お手入れの手間が少なくなります。

雨漏りをある程度防いでくれる防水型塗料

雨漏りを防止する機能がある防水型塗料もあります。

外壁は、古くなると素材が劣化してひび割れができやすくなります。

外壁にひび割れができると早急な補修が必要です。

放置していると、ひび割れから雨水がどんどん侵入して、やがて家の中にも雨漏りしてしまいます。

ただ、建物の振動や気温の変化など、外壁にひび割れが発生する要因にはいろいろあるため、ひび割れができてもすぐに気づかないこともよくあることです。

気がついたら雨漏りしていたという話もあります。

その点、防水型塗料で塗装しておけば、外壁にひび割れができてもその部分に塗膜を貼って、雨水の侵入を防ぐことができます。

もちろん、ひび割れを見つけた時は早急に補修する必要がありますが、気づかないうちに雨漏りしていたというような事態を予防するには役立つでしょう。

無料診断実施中!
外壁屋根の塗り替え、防水工事なら、国立市のあらき建装までお問い合わせ下さい!

042-505-4779

メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)