外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

コーキング(シーリング)について

632 views

代表の荒木です。

今日はコーキング【シーリング】についてお話します。

よくコーキングとシーリングの違いはなんですかと聞かれますが、基本的には一緒なのであまり気にしないでいいと思います。

コーキング材はサイディングやALCの繋ぎ目によく使われ、ゴムみたいに伸縮性のある材料でつなぎ目からの雨漏りを防ぐ重要な材料です。

コーキングには打ち替えと打ち増しがあります。

打ち替えは古いコーキング材を撤去し新しいコーキング材をやり直す事で、打ち増しは古いコーキングの上に撤去しないで新しいコーキング材をやり直す事です。

コーキングは紫外線、年数が経つにつれダメになり、ゴムの伸縮性はなくなっていき最悪はつなぎ目から離れ下地が見えて雨漏りの原因になるため注意が必要です。

コーキングをカッターなどできれいに取り除いていきます。

コーキングがダメになりやすい場所は日差しが強い南面や西面によく見られます。

あらき建装ではサイディングのつなぎ目は全て打ち替えをしてサッシ周りなどは状態を見て判断させていただきます。

注意が必要なのはコーキングを打ち替えと言いながら打ち増しをする業者もいますので、写真を提出してもらい目で確認しましょう。

撤去しましたらコーキングの性能を保つため下塗(プライマー)を塗ります。


プライマーが乾いたらコーキング材をつなぎ目に埋めていきます。

埋める時に空気がコーキング材の中に入ると膨れてくるので空気が入らないように気をつけながら仕上げていきます。


埋めた後は綺麗にヘラなどで平らにし、コーキングは終了です。

コーキング作業はお客様がわかりづらい為、写真をたくさん撮ってもらい確認しましょう。

コーキング(シーリング)にお悩みの方はあらき建装へお気軽にご相談下さい。

無料診断実施中!
外壁屋根の塗り替え、防水工事なら、国立市のあらき建装までお問い合わせ下さい!

042-505-4779

メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)