外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

ベランダや屋上の防水はどうする?

336 views

ベランダや屋上には防水塗装が最適

住宅の塗装というと外壁塗装をイメージする人が大半ですが、ベランダや屋上などにも定期的な塗装作業が必要であることはご存知でしょうか。

プラスチック製の板が張られているベランダなどは、表面にFRP加工が施されていて、ゴムのウレタン防水となっているものが多いです。

けれど、ゴムには劣化しやすいという特徴があります。

そのため、ゴムのような弾力成分が入った塗料を使って防水塗装をしてあげることで、住宅を長持ちすることができます。

ベランダや屋上の塗装では、地面に対して垂直に立っている外壁の塗装と比べると、高い技術が必要となります。

それは、ベランダや屋上は人が乗る部分なので、壁や屋根のように勾配をつけることが出来ず、雨水が貯まりやすいだからです。

少しでもすきまがあると、そこから水が入り込んでしまうため、雨水が塗膜の内側に浸透しないように、しっかりと穴をふさぐ防水工事が必要となるのです。

ベランダと屋上の防水工事の種類

ベランダや屋上の防水工事は、大きく分けるとFRP防水、液体防水、そしてシート防水という種類に分類できます。

FRP防水は最も人気が高い防水工事で、ガラス繊維のシートと接着剤を使って固めるという防水方法を行います。

硬いものを落とすと破損しやすいというデメリットがあるものの、耐久性が優れているのでベランダや屋上の工事にはおすすめです。

液体防水では、既存の表面に入っているヒビなどを補修した上でプライマーを塗り、ウレタン塗料を塗装した上で最終的に液体のトップコートを塗るという方法で防水工事を行います。

また、シートを使うシート防水は、広い屋上などに活用される防水工事方法となります。

ベランダ・屋上の防水工事では業者選びが大切

ベランダや屋上の防水工事には、外壁塗装よりも高い技術が必要となります。

そのため、業者選びでは、できるだけ経験が豊富で高い実績と信頼のある業者を選ぶことがとても大切です。

経験が少ない業者に依頼してしまうと、施工の後に表面に気泡が現れてしまったり昼夜の気温差によって表面が膨れるなどのトラブルが起こるリスクは高くなってしまいます。

そうしたリスクを全て理解した上で、トラブルが起こらないような施工をしてくれる業者を選ぶことが、ベランダや屋上の防水工事に失敗しないためのポイントと言えます。

口コミを参考にしながら、複数の施工業者から見積もりを取り寄せて検討すると良いでしょう。

無料診断実施中!
外壁屋根の塗り替え、防水工事なら、国立市のあらき建装までお問い合わせ下さい!

042-505-4779

メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)