外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

外壁塗装なら国立市、立川市、国分寺市のあらき建装

外壁塗装に適さない時期とその理由

292 views

一年を通して外壁塗装は可能ですが、塗装に適した時期と適さない時期があることに注意してください。

一般的に外壁塗装が難しくなるのは、降雨時、湿度85%以上の時、気温5℃以下の時です。

これら外壁塗装の条件は、塗装業者にかかわらず当てはまります。

降雨時に外壁塗装ができない理由

降雨時に外壁塗装ができないのは、塗料に水分が混じってしまうからです。

つまり、大雨で物理的に作業することが難しいからというだけでなく、小雨でも塗料に水分が混じる危険性がある時には作業できません。

雨が降っていなくても、湿度が85%以上ある時も同様です。

空気中に含まれる水蒸気が塗料と混ざってしまい、塗料の質を変化させてしまいます。

水性塗料の場合、水で薄めることが前提の塗料であるため、少々水分が混じったところで大した影響はないと思いがちですが、そうではありません。

少々の雨でも水分が混ざると塗料の希釈率が変化してしまうため、外壁塗装には適していないのです。

寒い時に外壁塗装ができない理由

気温5℃以下が外壁塗装に適していないのは、寒さによって塗料が固くなり、うまく伸びにくくなるのが理由です。

塗装すること自体は多少塗料の伸びが悪くても可能ですが、気温5℃以下のような寒い時期には塗料が乾くまでに時間がかかってしまうため、表面は乾いたように見えても塗料の内部までしっかり固まりません。

そのため、寒い時期に無理に作業を進めると、塗装後にすぐ剥がれたり気泡ができたりといったことが起こりやすくなってしまいます。

ほかにも外壁塗装に適さない時期がある

上記の条件に当てはまらない場合でも、外壁塗装は屋外作業ですので、外部環境によっては作業に適さないことがあります。

一般的に気候が穏やかな春や秋が外壁塗装に適しているとされますが、この時期にも梅雨や台風などで作業が難しいことはあり得ます。

夏場の外壁塗装

一方、暑い夏場でも外壁塗装は可能です。

塗料が早く乾燥するため作業の進捗は早いです。

ただし、窓を開けていると塗料の匂いが家の中に入るため、夏場でも作業中は窓を閉め切っておきましょう。

国立市の方で、外壁塗装や屋根塗装をお考えなら、あらき建装までお問い合わせ下さい!

無料診断実施中!
外壁屋根の塗り替え、防水工事なら、国立市のあらき建装までお問い合わせ下さい!

042-505-4779

メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)